Fortessimo

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
    Yuta Sugihara

    Create Your Badge
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

紅葉ツアー:セルビッチュ

rakuyou.jpg


紅葉ツアー@金谷ホテル。その日は素晴らしいホテルマンに出会った。

もともと接客にあまり興味もポリシーも持っていない僕はサービスを受ける場に行っても
「ご飯が美味しい!家具綺麗!」みたいにモノの方にばかり目がいってしまう。

だけどそのホテルマンの接客を受けた時は、その親切心や丁寧な言葉使い
総じて彼がつくる雰囲気に唖然、感動させられてしまった。あっぱれ
(ちなみに僕はそこに宿泊したわけでなく、ただ道を尋ねただけでした)


あの人が私生活でもあれだけの人格を保ってるのかどうかはわからないけど、
ホテルマンのユニフォームを着た途端、彼は素晴らしい人間に変身してしまうわけで、
そう思ったら、

一流の接客業って凄い、って思った。


責任と誇り、緊張感が限界を引き上げる感覚。

一流の仕事にはそういう感覚がついてくるのでしょう。
漫画家浦沢直樹の右手には、執筆中マンガの神様が宿るそう。


ちなみに、チェコでの金欠道中、ヘンテコなレストランで夕飯食べた時の話。
ウェイターさんは料理を運び終わった後に、「セルビッチュセルビッチュ」、と言って、
自分のサービス料としてコインを求めてきた。

そんな彼が僕のお皿の上に差し出した右手は、凄く邪悪だった。




    Yuta Sugihara

    Create Your Badge
  1. 2008/11/07(金) 15:06:51|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<Be a good iPhoner | ホーム | 天竺からの手紙>>

コメント

プロ

プロとしての技に対価を求めない人が日本には多い気がするんだよね。
欧米でチップって概念が当たり前なのはなんでなんだろう・・・歴史的背景があるのかな??
  1. 2008/11/08(土) 12:50:53 |
  2. URL |
  3. 友哉 #-
  4. [ 編集]

自分の仕事に値段つけるのって、結構な根拠(自信と勇気(笑))、が必要だから、
相場とかコストとか、そういうのからじゃないと評価したがらない人が多いだろうね。
他人の仕事に対する値段の付け方もそれに然り。


値段交渉とか不得意な人多い国でしょう。きっと。
  1. 2008/11/08(土) 15:49:41 |
  2. URL |
  3. Yuta #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://fortessimo.blog23.fc2.com/tb.php/139-4afe9116
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。